読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

web-creative.jp

WEBクリエイターに役立つTipsやノウハウを公開しています。WEBデザインやプログラミングの他、映像編集や3DCG、Mac関連情報などもご紹介しています。

LeopardでスクリーンショットのドロップシャドウをOFF


Leopardでウィンドウのスクリーンショットをすると、ちょっと大きすぎるドロップシャドウも一緒にキャプチャされてしまいます。この影をOFFにする方法です。
(なお、左のアイコンはグラブのものですが、この方法でON・OFF出来るのは、コマンド(command+shift+4を押した後スペースなど)の場合のみで、グラブは関係ないようです。グラブは元々ドロップシャドウは付きません。)

方法

ターミナルを起動して、以下をコピペしてEnterキーを押すだけです。

defaults write com.apple.screencapture "disable-shadow" -bool true

何も反応はないのですが気にせず、一旦ログアウトします。 すると次回からは影がなくなります。
元に戻すには、trueをfalseにします。

defaults write com.apple.screencapture "disable-shadow" -bool false

参考リンク:Macの手書き説明書