読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

web-creative.jp

WEBクリエイターに役立つTipsやノウハウを公開しています。WEBデザインやプログラミングの他、映像編集や3DCG、Mac関連情報などもご紹介しています。

iPhone 3GS 乗り換え購入メモ(2)

今回はメールについてです。
iPhone 3GSを購入するとMMSとEメール(i)の二つのメールアドレスが貰えます。いわゆるケータイメール(ドコモならiモードメール)として使う場合どちらが良いのか、かなり悩んでしまいました。色々調べた結果、機能はどちらでも問題なさそうですが、一番気になる料金がの発生の仕方が異なっているようです。
MMSは「ただとも」の対象となり、ソフトバンク間の送受信が無料になります。一方、Eメール(i)は「ただとも」の対象外でソフトバンク同士でも通信料が発生します。
参考:ホワイトプラン
私の場合は、 iPhoneかつパケット定額なので、Eメール(i)でも実質定額(Webを見たりすると、すぐに上限になってしまうので。)と言えますが、より相手に負担を掛けないという意味で、MMSをケータイメールとして使うことにしました。
ただし、MMSはWifi経由では受信が出来ないようなので、パケットを最低金額に押さえたいと考えている場合は、Eメール(i)を利用することになります。
細かな比較は以下のサイトが参考になりました。
参考:iPhoneのメールについて
以下、私なりの使い分けです。

MMS(@softbank.ne.jp)

ケータイメールとして利用。アドレスさえ設定できれば、あとは何も考えなくても自動で受信が可能。バックアップは、iTunesと同期して行う。特に重要なメッセージがあった場合は、コピペで対応する予定。(今のところないですが…)

Eメール(i) (@i.softbank.jp)

Gmailからの転送先アドレスとして使用。プッシュに設定しなくても、着信音が鳴るので便利。Gmailのフィルタ機能を使い、仕事関連など必要なメールのみを転送する。Gmailのバックアップの意味合いも兼ねることになる。 直接メールを受信すると、ややこしくなるのでEメール(i) のアドレスは非公開とする。また、メールを返信・転送する際はGmailのアドレスを使う。(←ちょっと面倒かも)
Gmailと@i.softbank.jpの連携は、次回にカレンダーの連携と併せてアップします。