読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

web-creative.jp

WEBクリエイターに役立つTipsやノウハウを公開しています。WEBデザインやプログラミングの他、映像編集や3DCG、Mac関連情報などもご紹介しています。

iPod tuch でモバイル

iPhone/iPod touch EM-ONE

iPhoneを買えば済むのですが、EM-ONEの2年縛り(ADSL契約付き)があるので、touchで何とかモバイルしようと、色々試してみました。

EM-ONE経由でHSDPA接続

EM-ONEでなくても、イーモバイル無線LAN機能搭載のWindows Mobile端末であれば、WMWifiRouterというソフトをWM端末にインストールすると、touchでほぼどこでもネット環境が実現します。

手順
  • EM-ONEにWMWifiRouterをインストールします。ソフトは本家ベクターで購入できます。少しだけ本家の方がお得です。EM-ONEは最新バージョンのWMWifiRouter1.2に対応していないので1.1をインストールします。旧バージョンは本家のマイページにログインしてDLします。
  • WMWifiRouterの設定をこちらのページを参考に行います。
  • touchのwifi設定に、WMWifiRouter(デフォルトの名前を変更していたらその名前)が見つかるのでタップして、WEPパスワードを(コピペが無いので)頑張って入力します。
小技&感想
  • 町中でもJRなどの電車内でも快適に使えます。イーモバイルのサービスエリア内であれば問題ないでしょう。
  • WMWifiRouterを起動しっぱなしにすると、EM-ONEのバッテリーの減りが早いです。大体2時間程度でしょうか。節約のため画面OFFにするtaskmanというツールをインストールしました。taskmanで画面OFFする方法はこちら。
  • WMWifiRouterの接続・切断を繰り返すと、無線LANをONにできなかったり、HSDPAに接続できなかったり、EM ONEがすごく不安定になります。再接続するときは面倒でも「option」から「clash cleanup」で一旦WMWifiRouterを終了し、起動し直す方法が良さそうです。
  • EM-ONE熱くなります。溶ける程ではありませんが、普通にEM-ONEを使っている時より確実にHOTです。こりゃバッテリー喰うわなと実感します。逆にtouchはほとんど発熱は感じません。

ワイヤレスゲートで無線LAN接続

場所は限られますが月額380円の使い放題で、BBモバイルポイントソフトバンクテレコム)、livedoor Wireless などのホットスポットに接続できるようになります。オプションで都営や東京メトロなどで使えるNTTのフレッツスポット(1,260円)も申し込めますが、高いので今回はパスしました。
ワイヤレスゲートは通常、月額210円で都度利用1日299円となっており、使い放題ではありません。しかし、ヨドバシカメラ オリジナルプランで申し込むと月額380円固定で利用できるようになります。このプランを利用するにはヨドバシのパソコンコーナーなどに置いてあるチラシに記載されたキャンペーンコードが必要になります(こちらのお申し込みの流れ参照)。ヨドバシで買い物しなきゃダメなどの制限はないので、こっちの方が断然お得です。(ヨドバシでイーモバ契約するとさらに安いようです。ってかイーモバユーザーなら購入場所は関係ないのかなー?)

touchの設定
  • ネットワーク名(ESS-ID)とネットワークキー(WEPキー)のセットを、紙にメモるか携帯メールに転送します。(このページ中程のパスワード情報送信をクリック。) パスワードと言っても誰でも見ることが出来るのでWEPの意味が無いような気が… touchでメール受信してもコピペ&アプリ切り替えが出来ないので、途中で挫折すると思います。
  • ホットスポットに行きます。(マクドナルドなどお店の中であれば確実に繋げるはずなのでオススメ)
  • touchのwifi設定に「mobilepoint 」「livedoor-web」「NRT-AIRPORT」のどれか(マックならmobilepoint)が表示されるので、タップしてWEPキーを入力します。
  • safariを起動するとログイン画面が表示されるのでサービス申し込みの際に設定したIDとパスワードを入力します。注意点としてIDのお尻に「@wig」を入力する点です。(こちらの「サービスエリアにログイン」参照。) 初めこの点に気がつかず苦労しました。なぜかtouchの解説ページはPSPよりわかりにくいと思いました。ただ、キーを入れただけで安くなるプラン設定など全体的に杜撰な感じがしますが、安いので気にしないことにします。(ちょっと前まで自分がどのプランで契約しているのかMyPageでも分からなかったとか…)
Easy Wi-Fiで簡単ログイン

MacWindows向けには、ワイヤレスゲートコネクションという、ブラウザのログインを省略できる無償アプリを利用できます。touchでは有料ですが、Easy Wi-Fiというアプリを使うと簡単にログインできるようになります。使ってみるとかなり便利です。手順は以下の通りです。(このアプリはWEBサービスとも連動しているのでこちらのサイトを熟読し、技術的なことをある程度理解してから、使用することをオススメします。)

  • App Storeで購入しtouchにインストール
  • アプリを起動して画面右端の「Signup」ボタンをクリック。(Signup後このボタンが消えてしまったので別の名称かもしれません。)
  • 受信可能なメアドとサービスを利用するためのパスワードを入力し「submit」をクリックします。
  • メールが先ほどのメアドに送られくるので、メール本文のリンクをクリックし、アクティベート完了します。
  • 次に利用するホットスポットをEasy Wi-Fiに登録します。ネット接続可能な状態で、アプリの「Account」をタップするか、PCからMyPageで登録することも出来ます。今回はtouchでやってみます。(どっちにしろ登録データはネット上に保存されます。)
  • 「+」をタップすると検索フォームが表示されるので、まずBBモバイルポイントを設定するため「mobilepoint」と入力します。
  • 検索結果に Softbank BB mobilepoint と表示されるのでタップし、ワイヤレスゲートのID(お尻に@wigを忘れずに)とパスワードを入力します。
  • これで設定完了です。ホットスポットの範囲にいれば勝手にネット接続してくれるはずです。(まだ1箇所でしか試していないのでちょっと微妙です。livedoorとNRT-AIRPORTでも試していません。そもそもNRT-AIRPORTは上記の検索フォームで検索しても出てこないので対応していないかもしれません。)
小技&感想
  • 接続後は結構快適です。マックの場合店外でも結構電波が届きました。
  • ワイヤレスゲートのホットスポットは携帯の会員ページで確認できますが、携帯のパケット代も節約したい人はNAVITIMEのtouch版で事前に確認する方法がオススメです。touchでこのサイトにアクセスして目的地の地図を表示し、メニューから「無線LAN周辺検索」を選び「カテゴリ選択」から一番下の「トリップゲート」を選択します。検索結果はsafariに保持されるので外出先で見ることが出来ます。ただし、うっかり地図を移動すると消えてしまったりするので、こちらの記事を参考に画面キャプチャすると良いかもしれません。

最後に

これらの手間を考えると、やっぱりiPhoneが欲しくなります。でも月々の出費が…イーモバの2年縛りが…(以下始めに戻る)